タッチペンや缶スプレーの色が違うのはなぜ?

最近、お客様から「缶スプレーでボデーの色と同じカラーコードの物を使ったけど、色が違う」というお話を受けました。
これについて、事故修理(ほぼ)専門の鈑金塗装工場としてお伝えしていきたいと思います。

新車製造ラインに詳しくはありませんが、塗料にも原料があり、自然の原料を使用している物もあるため、品質が必ずしも一定とは言えません。
色の見え方は人により異なるため、絶対とは言えませんが、同じカラーコードの車を10台並べて、全て同じ色に見える、という事はまずありえません。
パッと見は同じ色に見えても、よく見るとこっちの方が若干赤い、こっちは青い、こっちは少し明るい、こっちは少し中のメタリックがギラついて見える、という差がある場合がほとんどです。

ここからは補修塗装(鈑金塗装)の話になりますが、アップしている画像の通り、まったく同じカラーコードでも、調色の中身は少し異なっています。
色というものは難しく、光の当たり方でも違う色に見えますので、適当に並べた1枚の写真での単純な比較は困難ですが、少なくとも上の画像の左、アウディクーペと書かれている色は他の色よりも明るく、冷たい印象に見えます。
真ん中が一番赤が強いように見えますが、皆さんにとってはいかがでしょうか。

新車の塗料が売られているわけではありません

まず、補修用の塗料というものは、新車の塗料と同じものを同じ配合で作成し販売されている、という訳ではありません。
画像のようなカラーチャートを使って、そのカラーコードでまず色を作成し、テストピースと呼ばれる板に塗装をし、実際の車両との色の差を見ます。
そして、実際の車両が少し赤っぽければ赤を足します。

この時問題なのは、「その赤にも種類があり、ただの真っ赤ではない」という事です。

デジタルのイラストであれば、色を指定して作成する事が可能です。
「赤を3/256足してみよう」という事ができますが、現実にはそのようにはいきません。
赤でもいくつかある色から選び出し、赤系の色をカラーコード通り300グラム作成した色に3グラム足して、テストピースに塗装し、実際の車両と見比べて・・・という作業を繰り返し、塗装作業をします。

市販の調色済み塗料やタッチペンは、色が合えばラッキー

つまり、実際の車両に合わせて調色しなければ、色が合う方が稀、だと考えた方が良いです。
ヤフーオークションや塗料販売店等でも、カラーコードを指定して調色済みの塗料は手に入ります。
しかし、それが実際の車両に合うかどうかはまた話が別です。合えばラッキーですが、イラストと違ってテストピースに塗装して確認したり、タッチペンの場合は購入後使ってみなければ分かりません。

もちろん、見た目が近いからといって、違うカラーコードの色(例えば、自分の車はトヨタの1F7というシルバーで、タッチペンはスズキのZ2Sというシルバーのタッチペン)が合うかというと、まず合いません。
同じカラーコードでも合わないのに、違うカラーコードで合うはずがありませんね。

自分で塗装したいが、色はしっかり合わせたい場合はどうすればいいのか

ご自身で塗装したいが、色もしっかり合わせたい。
という場合は、鈑金工場によっては調色(調色済み塗料の作成)のみお願いできる事もあります。
工場によって使用している塗料の銘柄が異なるため、可能な限り安く調色済み塗料を作成してほしい場合は、規模の小さい工場に依頼するのが良いかもしれません。
工場の規模が大きい場合は、使っている塗料の銘柄がちょっと良いもので、安くは無い可能性があります。
(その代わり、作業性が良いかもしれません)
塗料メーカーのサイトに、銘柄別に塗料の扱い方(試食乾燥時間や注意点)が記載されている場合があるので、どういった銘柄の塗料で作成したのかを確認するのは大事かもしれません。

しかし、塗料というものは銘柄によって若干のクセがあり、例えば塗料が変わると腕の良い塗装工であっても、慣れている塗料と同様に塗装できるようになるまでは時間がかかります。
そのため、鈑金工場で調色した塗料は色こそ合っているかもしれませんが、塗装の腕による部分や、下処理、ゴミ・ブツの処理、クリア塗装、磨きなどの各工程のミスが響いて、色以外の問題が起きるかもしれません。

カラーコードのスプレーなども売られていますが、鈑金塗装の工賃が決して安くないのは、理由があるのです。
ちなみに、ボデーショップ佐野でも調色のみのご依頼を受けておりますが、安い塗料を置いておりません。
金額重視で調色済み塗料を入手したい場合は、お近くの鈑金工場さんにご相談ください。
鈑金工場によっては、金額を決めづらいから不可能ではないけど断る、という可能性もございます。
調色済み塗料をいくらで販売して良いか分からない=原価管理が出来ていないという事もありますが、現在塗装材料は高騰している上に、定価が無い場合が多いので値決めは難しいと思います。

まとめ

まとめます。

まず、カラーコードで販売されているタッチペンやスプレーなどの商品は、まず色が合いません!
もし合っていたら、ラッキーと考えて購入しましょう。
色によってはカラーコードで合いやすい色もありますので、販売店に相談すると教えてくれるかもしれません。


特にタッチペンは、色が合ったとしてもクリアーをタッチペンするのかどうか、クリアーのタッチペンはどう作業するのかで、色が違うように見える事があります。
もちろん色にもよりますが、色の上の透明のクリアー層の厚みでも色が違って見えるのです。

タッチペンの強みは、数メートル離れればキズが分からなくなる事や、錆びの進行をある程度抑えられるという部分だと考え、しっかりとした修理がしたい場合は、鈑金工場にご相談された方が良いと思います。
スプレーの強みは価格とお手軽さですが、スプレータイプのクリアーは仕上がりがいまいちと聞いたことがあります。
色がバッチリあっても、クリアーの仕上がりが良くなければキレイな仕上がりにはなりません。

簡易補修はあくまで簡易補修です。
コストと仕上がりのバランスについてのご説明を得意としておりますので、迷ったらご相談いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。