エアロ塗装・ホイール編:レクサスRX エアロ取付

0

 レクサスご購入後、M’z SPEED社製エアロの取り付けをご依頼いただきまして、作業させていただきました。
 ご依頼いただいたのは、ハーフのエアロセットと、マフラーです。

1

 社外エアロは到着まで1ヶ月近くかかるケースがほとんどです。
 今回も1ヶ月ほどお待ちいただき、到着後お預かり致しました。
 マフラー取り付けのために一部純正カバーを加工する必要があるため、先にこちらに取り掛かります。

2  外れました。
 この後、マフラーとリヤハーフスポイラーとのクリアランスが狭くて気になりましたが、メーカーに確認したところ狭いのが標準だそうです。安心しました。
3  サイドは、ドアのロワモールを交換します。
 今回取り寄せたエアロパーツは接着剤留めが多かったため、事故にあった時が厄介だな…と思いながらの作業となりました。
8

 塗装前の状態はゲルコート仕上げでしょうか。
 まずはフロントハーフスポイラー。
 片側5連LEDが特徴的です。

9  リヤハーフスポイラーは左右出しのマフラーが特徴的ですね。
10  サイド。純正はスレートですが、流線型になります。
4  下地塗装をしっかり入れていきます。
 多くの社外パーツは、そのまま塗装すると歪んでいる部分がかなり目立ちます。
 予算を抑えられる部分ではありますが、せっかく社外スポイラーをつけるのですから、キッチリ仕上げていきたいところです。
7  リヤハーフスポイラーはもちろんですが、サイド、そしてフロントフェンダーに取り付ける小さいパーツも手を抜きません。
p1370616_  上塗り完成!磨き作業が終われば、塗装工程が完了し取り付けに移れます。
11  さて、完成です。
 5連LEDもド派手な感じではなく、上品な仕上がりだと感じました。
12  純正はすっきりした印象を受けますが、マフラーが目立つためか無骨な印象です。
13  流線型なサイドですが、これも上品な仕上がり。
 純正のフォルムを活かしたハーフスポイラーで、ノーマルの状態よりも一体感のある仕上がりになったと思います。
 付属の接着剤が白色でそれを使うと変に目立ってしまうため、黒のパネルボンドを使って取り付けを行いました。
 細かいところですが、自然な仕上がりになったと思います。
 エアロ取り付けに関しても、可能な限り予算に応じた作業を行っております。ぜひ、ご相談下さい。