ブログ:「保険を使った事がないから、保険料がもったいない」と言われます

お客様からよく、
「保険料を毎年払ってるけど、今まで1回も使った事がない。もったいないから使った方が良いよね」
という相談をされます。

保険を使うかどうかは、「今の契約内容」と「どのような事故で」「どれぐらいの金額がかかるか」が重要となります。

個人のお客様ではまずほとんどがノンフリートでの契約(10台未満での契約)となります。
2012年10月に等級制度に変更があり、今まで等級据え置きだった事故についても、保険を使うと等級が1~3等級下がります。
(保険会社や契約時期によっては、この限りではない場合もあります)

具体的には、
・1等級ダウン事故
飛び石、いたずらキズ、盗難など、以前は等級据え置きだったもの
・3等級ダウン事故
対人・対物・車両など通常の事故の保険

の2種類となり、更に等級によっては事故有り等級という「事故を起こしていない10等級の人と、事故を起こした10等級の人では料率が変わる」というものになります。

…つまり、以前よりも複雑なんですね。
最もメリットのある提案をさせていただくため、事故報告をした契約の保険会社の担当者に「今事故で保険を使うと保険料がどれくらい変わるのか」を確認し、修理工場とご相談をするのがベターだと思います。
(工場から問い合わせをして教えてくれる保険会社もあれば、個人情報の拡大解釈で教えていただけない保険会社もあります)

保険は、万が一の時のためにつけるものです。
使う事が目的で契約しているものではないと、私は考えております。
特に新車で車両保険をご契約の場合は、「車両保険200万円分」の保険料を払っている方が多いかと思います。
「保険料が3年間で18万円あがります」と言われ、相手がいない単独事故、ぶつかった電柱も直す必要がない程度(対物の賠償が無い)の時、ディーラーで25万円の見積もりなので保険を使うという選択肢をされる方もいらっしゃいます。
一見、保険を使うと7万円得するように思えますが、弊社なら修理方法により20万円、一部我慢すれば15万円以下で直せる可能性もございます。
また、契約内容によっては同じ年度で2回目の事故があった場合に免責という「保険は使えるが、一部実費となる」契約の場合もあります。

保険会社や保険代理店の方は保険のプロですが、修理内容についてご提案出来るわけではありません。
鈑金工場は事故修理のプロであり、事故修理を含めた保険に関する情報提供もさせていただきます。
修理工場の視点からお勧めする保険の内容・特約もありますので、ぜひご相談ください。